ザンジバル(タンザニア)

ザンジバルのリゾートホテル:新婚旅行にオススメなWhiteParadiseZanzibarを紹介

東アフリカの圧倒的楽園、ザンジバル。

インド洋に浮かぶ沖縄より少し大きいくらいの島で、現在はタンザニアに属しています。

どこまでも広がる青い海やサンゴ礁が美しいリゾート地として有名なだけでなく、

奴隷貿易や香辛料貿易の歴史やイギリスの保護領時代の石造建築が残り、中東やヨーロッパ、そしてアフリカらしさが混じった独特の雰囲気が楽しめる場所です。

また、1800年代にオマーン人によって建設された王宮ストーンタウンが世界遺産にも登録されています。

中心街はストーンタウンや歴史的建物やお店が多く残り観光客でごった返していますが、島の反対側や離れたところはリゾート地という名に相応しい海と空が広がりくつろぐことができます。

私たちは新婚旅行として初めてザンジバルを訪れました。

1週間ほどゆっくりするという目的だったので、ストーンタウンから車で1時間ほど離れたホテルWhitePradiseZanzibarに滞在

そこは、周辺に観光スポットもアクティビティもなく、あるのはリゾート感溢れるホテル、お酒、プール、空、海のみ。まさに、新婚旅行やリゾートホテルでのんびりするためのホテルとしてオススメです。

今日はそんなザンジバルのリゾートホテルWhiteParadiseZanzibarをご紹介します。

White Paradise Zanzibar:オススメポイント

オールインクルーシブ

アルコール含む飲食がオールインクルーシブなため、滞在がとても楽です。値段を気にすることなくプールサイドでもレストランでも部屋でもお酒が飲み放題、まさに楽園です。

プールサイドや部屋で読書や日焼け、作業をするのが私たち夫婦の楽しみなため、ホテルにいることが多く、このシステムは私たちに最高でした。

食事も毎回メニューが少しずつ変わるため飽きることがありません。

※予約時にオールインクルーシブにするか普通の宿泊のみ(飲食別)にするかは選択できます。

詳しく公式booking.comで見てみる→White Paradise Zanzibar

詳しく公式Expediaで見てみる→White Paradise Zanzibar

※Expediaでは部屋の予約のみでオールインクルーシブのプランはありません。

リゾート感を演出する白に統一された建物と南国植物

長時間滞在するならば、やはり雰囲気や建物の清潔度は重要になってきますよね。

ここはエントランスを入った瞬間、白の客室、白石の道と緑が濃い鮮やかな南国植物が目に入り、圧倒的楽園を演出しています。

植物は丁寧に手入れされていてどれも美しい。

部屋は木製家具がリゾート感を演出し、かつ落ち着いた雰囲気のある部屋です。

ホスピタリティが最高

素晴らしいホスピタリティ①

この滞在中は夫の誕生日と重なっていました。

サプライズバースデーをしたく、ホテルの責任者Janaさんの方に相談。

すると、すごく親身になって一緒にサプライズバースデーの計画を建ててくれました。むしろ、Janaさんが楽しそうにアイデアをたくさん考えてくれたほど。

決まった内容は、サプライズディナー。食事はロブスターはじめ豪華すぎる内容とシャンパン。海ぎわのプライベート席に花とキャンドルでデコレーションし、私たちのためだけに伝統音楽の生演奏もつけてくださいました。さらに、その横にジャグジープールも用意してくれたのです。シャンパン飲みながらジャグジー良いよ!と彼女が考えてくれたのですが、ラグジュアリーすぎる発想!

クライマックスはマサイ族登場し一緒に踊る!夫のためにマサイの衣装も用意していただきプレゼントしていただきました。
このサプライズに大喜びしてくれ、特にマサイ族が登場したときには一緒に楽しそうにジャンプしていました。

Janaさん始め、スタッフみんなの優しさや温かさを感じることができる最高の夜になりました。

アフリカらしいな、と思ったのは

数日前からJanaさんと内緒で打ち合わせをしていたのですが、

誕生日当日、プールサイドのスタッフが、夫が一人でくつろいでいるときに

「今日誕生日なんだって!おめでとう!」

ってサプライズ。

「なんでお前知ってんだよ!」って夫は思ったようですが、夫が逆に察してくれて誕生日が終わるまで私には黙っていてくれました。最高の夫。

これもTIA(This is Africa)、ご愛嬌です。

素晴らしいホスピタリティ②

ザンジバル空港には夜到着したのですが、預け荷物がでてこない!

結局次の日に荷物が遅れて届くことになり、疲労困憊の中夜遅くにホテルに着きました。

もちろん荷物がないので着替えも洗面用具も何もない、水着もないため、暑いのに次の日も朝からプールにすら入れない!本気で下着で入るか迷ったくらい暑いのです。

そんなときでもJanaさんは洗面用具を用意してくださり、水着など洋服も必要と話したら、車で30分くらいかかる商店まで車を無料で手配してくれたのです。

おかげで、滞在1日目から荷物がなくても快適に過ごすことができました

リラックスする以外に何もない

周辺には民家があるだけで本当に何もありません。

あるのは空と海とプールと白い客室だけ。

何もしない1日には最高の場所です。

White Paradise Zanzibar:基本情報

場所

ザンジバル空港から車で約1時間10分

ストーンタウンがある観光に有名なエリアまで車で1時間

TheRock(海に浮かぶ有名なレストラン)まで車で1時間30分

詳しく公式booking.comで見てみる→White Paradise Zanzibar

詳しく公式Expediaで見てみる→White Paradise Zanzibar

ホテル公式Facebookを見てみる→White Paradise Zanzibar

ザンジバル島までの行き方

1. タンザニアの首都ダルエスサラームから船便

2. 飛行機:ドバイからの乗り継ぎも可能ですが、ダルエスサラームかナイロビからの飛行機が主となっているようです。

ホテルの予約時に空港または港までの送迎をお願いできます(別料金)

公式skyticketサイトで航空券を探す・見てみる→海外格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

公式トラベリストサイトで航空券を探す・見てみる→最短5分で予約!会員登録不要!海外航空券予約はトラベリスト

公式Expediaサイトで航空券を探す・見てみる→Expedia Japan

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
Chisato823
千里(Chisato) ルワンダ在住、助産師。 ビジネスで女性支援をするためAfricanDaisyを設立 元青年海外協力隊(27-3/ラオス) バツイチ再婚、遠距離恋愛も経験済み。 アフリカ旅情報やルワンダ女性のこと、書評や日常など書いています。