ルワンダ情報

ルワンダ観光:タクシー・MOTOで使うルワンダ語と料金相場を紹介

ルワンダ観光 タクシーMOTO

アフリカ・ルワンダは四国ほどの大きさなです。空港もキガリ国際空港のみ、電車もないため、国内の交通手段はバス・タクシー・MOTO(バイクタクシー)・自転車の後ろ、の陸路に限定されます。

長距離で移動するときはバスが安くて便利ですが、バス停から降りて目的地に行く時、またキガリ市内で移動・観光するにはタクシーまたはMOTOが便利です。

ルワンダの公用語はルワンダ語(現地語)、英語、フランス語そしてスワヒリ語ですが、約半分のドライバーは英語がわからないため、ちょっとしたルワンダ語を知っておくとスムーズに移動ができます。

ここでは、タクシー・MOTOを使う際に、知っておくと便利なルワンダ語の紹介と、タクシー・MOTOの相場をご紹介します。

ルワンダ観光:タクシー・MOTOで使うルワンダ語と料金相場を紹介

ルワンダ観光 交通 

知っておくと便利なルワンダ語

私はルワンダに来て1年経ちますが、挨拶と移動手段に必要な最低限のルワンダ語しか知りません。それでも問題なくキガリ市内を移動できます。

ドライバーもちょっとしたルワンダをしゃべるだけで喜んでくれるので、私が使っている単語(しかもそんなに多くない)さえマスターすれば問題ないでしょう。

ということで普段使っている単語・文章をご紹介します。

ルワンダ語:挨拶編

ルワンダはアルファベット読みなので、発音は日本人にはわかりやすいです。

【日本語:ルワンダ語(読み方)】

おはよう:Mawaramutse (ムヮラムツェ)

こんにちは:Mwiriwe(ミリウェ)

ありがとうございます:Murakoze cyane(ムラコーゼ チャーネ)

ごめんさない:Mbabarira(ンババリラ)

元気ですか?:Amakuru?(アマクール)

→元気です:Ni meza(ニメーザ)

ルワンダ語:タクシー・MOTOで使う単語

〇〇に行きたいです:Ndashaka kujya kuri 〇〇(ンダシャカ クジャ クリ〇〇)

〇〇に行きます:Ngiye 〇〇(ンジウェ〇〇)

いくらですか?: Nangahe?(ナンガーヘ?)

高いよ〜:Ni menshi!(二メンシ!)

〇〇の近くです:Iruhanda rwa(イルハンデー ルグゥワァ)

ゆっくりね:Buhorobuhoro(ブホロブホロ)

行こう!:Tugende(ツゲンデ)

まっすぐ進んで:Komeza imbere. (コメザ インベレ)

左に曲がって:Cata ibumoso. (カタ イブモッソ)

左:Ibumoso (イブモッソ)

右に曲がってCata iburyo. (カタ イブルギョ) 

右:Iburyo (イブルギョ) 

ここ:Hano(ハノ)

あそこ:Haruya(ハリヤ)

ここで降ります:Ndasigara hano(ンダシガラ ハノ)

止まって:Hagarara(ハガララ)

待って:Buretse!(ブレッツェ)

OK、大丈夫:Sawa(サワ)

問題ない:Nta kibazo(ンナチバーゾ)

ルワンダ語:数字

キガリ市内の移動でMOTOを利用すると300-1000RWFの範囲が多く、タクシーだと3000-10000RWFが多いです。

ここでは300-10000までの数字をご紹介します。

300magana atatu(マガナタトゥ)

400magana ane(マガナネ)

500magana atanu(マガナターヌ)

600magana atandatu(マガナタンダトゥ)

700magana arindwi(マガナリンドゥィ)

800magana inani(マガニナーニ)

900magana icyenda(マガニチェンダ)

1000igihumbi(イギフンビ)

1100:igihumbi na ijana(イギフンビ ナ イジャナ)

1200; igihumbi na magana abiri(イギフンビ ナ マガナビリ)

1300:igihumbi na magana atatu(イギフンビ ナ マガナタトゥ)

1400:igihumbi na magana ane(イギフンビ ナ マガナネ)

1500igihumbi na magana atanu (イギフンビ ナ マガナ アタヌ)

2000ibihumbi bibiri(イビフンビ ビビリ)

3000ibihumbi bitatu(イビフンビ ビタトゥ)

4000ibihumbi bine(イビフンビ ビネ)

5000ibihumbi bitanu(イビフンビ ビタヌ)

6000ibihumbi bitandatu(イビフンビ ビタンダトゥ)

7000ibihumbi birindwi(イビフンビ イリンドゥイ)

8000ibihumbi munani(イビフンビ ムナーニ)

9000ibihumbi cyenda(イビフンビ チェンダ)

10000:ibihumbi cumi(イビフンビ チュミ)

タクシー・MOTO移動の相場

ルワンダ観光 交通タクシーは料金メーターを使用することが義務づけられています。しかし、ドライバーにとってこのメーターを使うことは売上ダウンにつながるため、まだまだ多くのドライバーが使いません。(2019年3月記載時点)

実際、メーターを使った方が口交渉より安いです。ただ、交通事情を知らない観光客の場合ドライバーが遠回りをする可能性もゼロではありません。

なので、ベストな対策は自分でマップを見て経路をチェックしながらメーターを使ってもらう、です。

以下では交渉での相場をご紹介します。

体感ですので参考までに

ここに書いてある高い方の値段で交渉すると、ドライバーは笑顔で運転してくれますよ。

3-4kmの移動: MOTO500-700RWF(64-90円)。 タクシー3000-4000RWF(390-510円)

5-7kmの移動:MOTO 700-800RWF(90-102円)。 タクシー5000-7000RWF(638-892円)

約8kmの移動: MOTO900-1000RWF(115-128円)。 タクシー 8000-10000RWF(1020-1274円)

例)市内から

・ジェノサイドメモリアルセンター(3.5km) MOTO500RWF(64円)。タクシー3000RWF(390円)

・キミロンコ市場(10km) MOTO 1000RWF(128円)。 タクシー 10000RWF(1274円)

上記値段も交渉次第で前後します。

ホテルの駐車場や空港などにとまっているタクシーは基本この倍くらいの値段を言ってきます。(空港は入るだけで駐車場代がかかっているので高くなってしまう)

安いタクシーを探す時は道にでると、タクシーやMOTOが待機していることが多いので、そちらで交渉した方が安くなります。

ルワンダの交通事情

タクシーより圧倒的にMOTOの方が安いです。

しかし、ルワンダは信号がほとんどなく、信号がない交差点は無秩序で、みんな曲がりたいという自我を押し通して無理やり曲がってきます。

普段の走行でも反対車線はいったり、カーブで追い越しするのが当たり前。よって交通事故が多いが現状です。

MOTOは追い越しがしやすいため、渋滞には巻き込まれにくい分、追い越しで無茶振りドライバーも多く危険。さらに身体は100%外にでているため、事故に巻き込まれたら大惨事になります。

残念ながらルワンダの医療は良いとは言えないので、タクシーを選択してリスクを減らすに越したことはありません。

MOTOを乗る際は長袖長ズボンで十分に注意して利用してくださいね。

あとは、「ゆっくりね:buhorobuhoro(ブホロブホロ)」と必ず言いましょう。

ABOUT ME
Chisato823
千里(Chisato) ルワンダ在住、助産師。 ビジネスで女性支援をするためAfricanDaisyを設立 元青年海外協力隊(27-3/ラオス) バツイチ再婚、遠距離恋愛も経験済み。 アフリカ旅情報やルワンダ女性のこと、書評や日常など書いています。